大口多頻度割引

大口・多頻度割引制度とは、大口・多頻度利用の方を対象としたETCシステムの利用を
前提とする高速道路等の通行料金の割引制度のことを指します。

ちなみに、大口多頻度割引の適用の条件とは何でしょうか?
大口多頻度割引を適用するには、通行料金1ヶ月分をまとめて翌月末までに支払う事です。

条件を満たすことができれば、NEXCO東日本・中日本・西日本に必要書類を記載し、
申請を出します。
審査が通るとETCコーポレートカードが発行され、実際に利用できるようになります。

なお、必要書類はインターネットで取り寄せることができます。
コーポレートカードは申し込み時に車両番号を登録しますので、
他の車両での使用はできませんので注意が必要です。

そして割引率ですが、利用する有料道路事業者やコーポレートカードによって
異なります。

ちなみに、現行の別納割引制度は平成17年3月31日で廃止されています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ