ETCの基礎知識

ETCとは正式名称を「Electronic Toll Collection System」といい、
直訳で「電子式料金自動収受システム」というものです。
これは、自動車に搭載したETC車載機とETCカードによって、
高速道路などの有料道路において、料金の支払いを自動的に行う事ができる
システムです。

ではどのようなシステムかを説明すると、一言でいえばETCは有料道路の
料金所で無線通信により車の料金をやり取りするシステムです。
具体的には通常は有料道路の入口で通行券を受け取り、出口の料金所にて通行料を清算するシステムに対し、ETCは自動的に支払いを済ませる事ができます。
つまり今までは料金所で一度停止して料金を支払っていたところが、
停止することなく自動で料金を支払えます。
それがどういう効果を持つかというと、つまり停止することなく料金所を通過できるため
料金所に並ぶ事が無く、渋滞防止に繋がります。
他にもETCを利用すれば料金所で窓をあける必要が無い為、
寒い日や暑い日などわずらわしい思いをせずにすみますし、雨が降り込む事もありません。

なお、このように便利なETCシステムですが、現在のところ二輪車に対応していません。
理由としては、四輪車に比べて振動を受けやすく水を被りやすい二輪車は車載器を
取り付けるのが困難であるという技術的な問題がある為です。
二輪車への対応については、今後の研究に期待するところです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ETCカードとは?

このページの先頭へ