車載器の種類いろいろ

ETCシステムを利用するには、ETC車載器にETCカードを挿入する事で初めて利用する事が
可能となります。
つまりETC車載器はETCシステムを利用するために必ず必要なものの一つです。
では、ETC車載器とは具体的に何をするものなのでしょうか?

「ETCカードを使ってみよう」の項でもご説明しましたが、ETC車載器とは
料金所に設置されているアンテナとの間で無線交信を行い、
料金支払いに関するデータをやり取るするための機械です。
もう少し具体的に説明するとETC車載器自体は料金清算機能を備えておらず、
車両情報を読み取ってETCレーンと連絡を取り合うことで料金清算を行ないます。
車載器にはアンテナが装着されており、またETCレーンにもアンテナが取り付けら
れています。これでお互いに無線で情報を交換します。
実際の料金の精算はETC車載器に挿入したETCカードにて行います。

ETC車載器の構造としては、カードを差し込む本体と料金所と無線通信する
アンテナの2つの部分に分かれています。

ETC車載器の種類としては、大きくこのカードを差し込む本体と無線通信するための
アンテナの2つが一体になっているタイプと分かれているタイプが存在します。
それぞれ2ピースタイプ、3ピースタイプ、ビルトインタイプの3タイプがあり、
これらの特徴については別の項でもう少し詳しく説明したいと思います。

それぞれのタイプについての説明をご覧になって、カー用品などで
お好みのタイプを選ばれると良いかと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:車載器について

このページの先頭へ