2ピースタイプについて

いくつか種類のあるETC車載器において、2ピースタイプとは
最もシンプルなタイプの車載器です。

これはETCシステム利用に必要な情報の処理機能とETCカードの挿入部を持つ
本体と、通信するために必要なアンテナを一つの筐体の中に収めたタイプです。
そのため一見は本体のみのようにも見えますが、ETC車載器とETCカードの2つで
構成されることから、2ピースタイプと呼ばれます。

これを通信がしやすい場所、例えばダッシュボードなどのレーンから見やすい位置に
装着することで利用します。

メリットとしては、デザインもコンパクトで値段も分離型など他の種類に比べて
割安です。

デメリットとしては、ETCカードを挿入する本体部分が外から容易に見えるため、
防犯上優れているとはいえない点でしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:車載器について

このページの先頭へ