ETCマイレージで注意すること

ETCマイレージサービスを利用するにあたり、注意点もいくつかあります。

まずETCマイレージサービスは首都高では適用されません。
そもそもこのETCマイレージサービスは各高速道路会社や
各公社によりポイントの付き方が違います。
現在のところ東・中・西日本高速道路株式会社や阪神高速道路株式会社など
各社ETCマイレージサービスを行っていますが、首都高は行っていません。
(しかし首都高ではETCの夜間早朝割引(22時~6時)というものもあるため、
そちらを活かすという方法はあります。)

他にもETCマイレージサービスというよりはETCシステムを利用する上での
注意点もいくつか挙げておきたいと思います。

まず通過時の速度です。
ETCレーンに設定されている開閉するバーは車載器とアンテナで通信トラブルが
あるとは開かない事があります。
そんな場合でも安全に停止できる速度まで減速し、開閉バーが開くのを確認してから
通過する事をお勧めします。
ちなみに、安全に停止できる速度はだいたい20km/h以下と言われています。

そしてこれはETCに限ったことではありませんが、車間距離を十分にとることも大切です。
前の車がETCレーン通過時に何らかの理由で停止する可能性もありますので、
いつでも止まれるよう十分に車間距離をとるように心がけましょう。

あとはETCカードは確実に挿入するという事も大切です。
ETCカードの挿入が不完全であった場合、開閉バーが開かない事もありますので
注意が必要です。

他にもいくつか注意点がありますが、後は別項「ETCカードで注意すること」で
もう少し詳しくご説明したいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ