カード挿入時のトラブルについて

本項では、ETCカードを挿入した時のトラブルについてご説明したいと思います。

ETCを搭載している自動車でも、ETC対応レーンで開閉レバーが開かないということが
起こりえます。
原因は開閉レバーの故障なども考えられますが、もっとも可能性が高いのが
ETCカードの車載器への挿入が不完全であった場合やETCカードの挿し込み方向
(前後や表裏)が間違っていたり、入れ忘れていたということです。

ETCカードの挿入が完全にできているかどうは、車載器を使って確かめることが
できますので、事前に必ずチェックしておくことをお勧めします。

また、ETCカードを差し込むタイミングがレーンに差し掛かる直前であった場合も
通信エラーを起こしてうまく認識されないということもありますので、
事前にしっかり挿入しておきましょう。

もしETCカードを持参していないことをETCレーンに進入してから気づいた時は、
あわてず一旦停車して料金所係員に声をかけて、車を安全な場所に移動して待つと
よいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ