ETCレーンに入れなかったら

ETCシステムを利用することで、料金所で今までのように一度停車する必要が無く
通過することができるようになります。
しかし、通過の際にはいつでも停車できる速度で走行する必要があります。
(速度としてはおおむね20キロ以下です。)

なお、その理由は大きく分けて3つありますので以下に記載します。

【料金所にて減速する理由】
 ①ETCカードのETC車載器への挿入が不完全だった場合などにより、通信エラーが
  起こり開閉バーが開かない場合があるため。
 ②ETC未搭載車である先行車両が誤ってETCレーンに侵入してしまった場合に、
  その車が急停車する可能性があるため。
 ③緊急の場合など、料金所の係員がETCレーン内を横断したりすることがあるため。

他にETCレーンの通過に際し注意すべき点を以下に記載します。

【ETCレーン通過に際しての注意点】
 ・料金所直前でのETCカードの挿入に注意
  ETCカードは挿入してから利用できるようになるまで数秒かかる事があります。
  そのため料金所直前でのETCカードの挿入は、エラーの原因となることがありますので
  ご注意ください。
 ・運転中のETCカードの抜き差しについて
  運転中のETCカードの抜き挿しは大変危険ですので行わないでください。
 ・ETCレーン内でのバックについて
  ETCレーン内でバックすると、後続車に追突される危険がありますので、
  絶対に車をバックさせないでください。
 ・ETCゲートを通行出来なかった時は
  ETCゲートを通行出来なかった場合は、レーンにインターホンまたは呼び出しブザー
  が設置されていますので、あわてずに係員に連絡して案内に従いましょう。
 ・車から降りないこと
  ETC料金所に限った事ではありませんが、車を降りて高速道路上を歩く行為は
  大変危険です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ